堅い勝てる法則の選び方とは

上記のように1コースの選手の成績が良く、2コース3コースの平均スタートが良い鉄板レースを見つけたとしても、確実に勝ちたければ注意しなければならない点があります。
それは競艇場の直近の傾向です。
競艇では気温や風、さらには潮などがレース展開に大きく影響します。
直近の傾向で1コースが逃げているレースが多いのか、少ないかを見ることは堅いレースを選ぶ上で非常に重要です。
もし1コースが勝てている展開が多ければ、堅いレースが続くとみて良いでしょう。

1日の流れを知る

どんな日でもレースの中盤には一度その日のレースを振り返ることが非常に大切です。
1~3Rは企画レースが開催されていることもあり、1コースの1着が目立つ可能性があります。
企画レースではない中盤のレースの結果はその日の傾向を掴むうえで重要な要素となります。
1~5Rほど様子を見て傾向を読み、6~8Rで堅そうなレースを選んで勝負するのがオススメです。

その日の傾向を掴む

ボートレース鳴門の1日の結果
上の画像はボートレース鳴門の1日の結果です。
1コースが圧倒的に強い競艇であるにも関わらず、1コースの選手が一回も1着に来ない珍しい結果となっています。
これには、ボートレース鳴門の渦潮が発生するという特別な環境が関係しています。
このような日に1コースが強い選手だからと言って買い続けると結果は悲惨なこととなります。
舟券を買う際には必ずその日の傾向を掴むようにしましょう。